プリスクール.com » プリスクールで働くには

プリスクールで働くには

「プリスクールで働くには」に焦点をあて、詳細ページでは働くために必要な資格やステラプリスクールの具体的な求人情報について詳しく説明。

また、どんな人ならプリスクールで働くのに向いているかについても紹介します。

プリスクールで働くために資格は必要?

プリスクールで働くためには、英語や保育に関する専門的な資格を取得する必要があるのかについて解説。

例えば、保育士は保育士資格取得が必須ですが、保育補助であれば保育士資格取得が採用要件とはなりません。

また、保育士と保育補助の違いや保育補助から保育士の資格を取得するための方法などについても説明しています。

プリスクールで働くための資格について詳しく見る

ステラプリスクールの求人情報

ステラプリスクールの保育士や保育補助スタッフ、英語・教育スタッフや一般事務職など、さまざまな職種の求人情報を紹介。

仕事の内容や募集エリア、応募資格や福利厚生などについて情報をまとめています。

英語、音楽、体育、食育等のさまざまな分野の一流プロフェッショナル監修による「本気保育」に仕事で関わりたい人におすすめです。

ステラプリスクールの求人情報を詳しく見る

プリスクールで働くのに向いている人とは?

就学前の子どもを対象として早期の英語教育を行うプリスクールでは、働くのにどんな人が向いているのでしょうか。

子どもが好きなこと

プリスクールは英語を使って保育を行う施設であるため、働くためには保育士としての適性、つまり子どもが好きなことが必須となります。

子どもを寛容に受容する優しさや子どもを惹き付けるユーモアのセンスなど、子どもたちが英語に慣れ親しむだけでなく、人格を培うために必要な資質を備えておく必要があります。

また、子どもが好きなことに加えて、子どもの発達段階や習熟度、行動や心理の変化を見極め、適切な支援を行なえることも大切です。

英語が好きなこと

英語が好きであることもプリスクールで働く要件のひとつです。

もちろん、プリスクールで働くからといって、バイリンガルのように流暢に英語を話す必要はありません。

ただ、英語保育がベースとなるため、子どもと簡単な英語で会話する機会が多いほか、講師ともある程度意思の疎通が必要となってきます。

プリスクールの求人では、英語の専門的な資格取得は求めていないものの、日常会話程度の英語力が採用基準のひとつとなっていることもあります。

TOEIC600点以上をひとつの目安とするといいでしょう。

多様性のある場が好きなこと

プリスクールでは日本人講師だけでなく外国人講師も在籍していることが多いため、文化や習慣の違い、微妙なニュアンスの違いから、意思疎通がスムーズに行えないこともあります。

しかし、そのような状況であっても、楽しみながら積極的にコミュニケーションできる人なら向いているでしょう。

言語だけでなく文化や習慣の学習を通して、国際感覚や多様性を身につけられるのもプリスクールならでは。

多様性を認識して尊重したり、そのような姿勢や心構えを子どもたちに伝えるなど、多様性のある場が好きなこともプリスクールで働く要件のひとつです。

変化を楽しめること

プリスクールでは海外の新しい教育内容やカリキュラム、テーマ学習など、常により良いものを世界各国から取り入れる傾向があります。

指導内容や指導方法が短いスパンで更新されることも多いため、プリスクールには、その変化を楽しんで自分の学びに昇華できる人が向いています。

英語圏では日本と違って個人を主張することも大切であり、独創性のある考えが重視されるため、自分の意見をしっかりと述べることができるといいでしょう。

取材協力
取材
協力
ステラプリスクール
ミッションは、「世界で生きる人を、育てる。」

全国で4校を展開するステラプリスクール。
『最高峰の情操教育「本気保育」を通じて、子どもたちの可能性を解き放ち、世界で生きるグローバルリーダーを育成する』というミッションを掲げ、「英語」のみならず、「体育」「音育」「食育」でも各界のプロフェッショナル監修によるプログラムを提供しています。小学生を対象としたアフタースクールも運営しています。