プリスクール.com » 保護者&現役先生が回答 プリスクールQ&A » プリスクールに子どもを通わせて良かったことは?

プリスクールに子どもを通わせて良かったことは?

プリスクールイメージ
Index
目次

プリスクールに子どもを通わせて良かったことについて紹介。

ネットで書かれている声のほか、実際に全国でプリスクールを展開するステラプリスクールの現役先生&保護者様にも聞きました!

プリスクールに「通わせて
良かった」と思っている保護者様の声

ネット上で、プリスクールに通わせて良かったと保護者様の声について調査してみました。

早期教育で英語力が身につく

「プリスクールに2~5歳まで通って公立小学校へ。5年生で英検2級に合格。『自分は英語ができる!』と自信がつき、自己肯定感を持てるようになりました。」(小学5年生の保護者様)

「トイレを探していた外国人をみかけた娘が、『トイレはこっちだよ』と英語で自ら声をかけた姿に感動。プリスクールで英語力が身についたおかげだと思いました。」(年長の保護者様)

参照元:コエテコ https://coeteco.jp/articles/12552

プリスクールでは0歳児から対象としているところもあり、言語習得脳が完成されると言われる就学前の時期に英語環境の中で過ごすことができます。

英語を外国語として意識することなく、遊びの中で自然に英語力が身につくことが特徴です。

意識して教え込まなくてもネイティブな発音、ボディランゲージなどが身につき、かつプリスクールではコミュニケーション能力や自己肯定感を育成するプログラム内容を提供していることから、自分に自信が持てるようになることも魅力です。

現役先生&保護者はどう見る?

保護者
Rukママ
さん
Rukママ
S+V+Oでおしゃべり

単語が増えたのはもちろん、簡単なS+V+Oでおしゃべりができるようになりました。(3歳の男の子のママ)

保護者
エナナさん
エナナさん
自然と英語を使っています

日本語より英語の発話の方が多く、英語を外国語として思っていないようです。(2歳女の子のママ)

けやき通り校
Y.M先生
けやき通りY.M先生
日本語と英語を
使い分けられるお子様も

日常会話の中で、積極的に英語で話す機会が増えており、日本語と英語を使い分けて話すお子様もいて、会話のツールとして英語を自然に身につけられています。

教育メソッドやプログラムが多彩

プリスクールは、スクールごとに方針やカリキュラム、プログラムが異なります。

モンテッソーリやレッジョ・エミリアなどの幼児教育を取り入れているところもあれば、各国の良い教育を取り入れ、独自のプログラムを展開しているスクールもあり、とにかく教育意識が高いことが特徴です。

音楽や体育などのさまざまなアクティビティを英語で楽しむ基本プログラムのほかに、オプションとしてスポーツ教室やピアノ教室のようなレッスンを受けることも可能です。

プリスクールは英語の教育方針が合うかどうかも大事ですが、その他にどんなプログラムを提供しているのかも、子どもの可能性を広げる大きな鍵となります。

当メディアでは、プリスクールでどんなプログラムが展開されているのか、取材に協力してくださったステラプリスクール、それ以外のスクールなども調査していますので、ぜひご一読ください。

現役先生&保護者はどう見る?

保護者
Rukママ
さん
Rukママ
多くのイベントがあります

たくさんの経験イベントを組んでもらえるのに、保護者への負担がない日々のカリキュラムを提供してくれます。(3歳の男の子のママ)

保護者
エナナさん
エナナさん
季節のイベントも
楽しみにしています

何より子どもが楽しそうに通っていることが一番。ハロウィンやクリスマスなどのイベントも楽しんでいるようです。(2歳女の子のママ)

徳島校
つぶあん先生
徳島校つぶあん先生
知恵やスキルが集結した
プログラム

多くの人の知恵やスキルが集結したプログラムを、保育のプロがお子様に伝わる方法で形にしていくため、楽しい!の裏にいつも学びがあると自負しています。

国際感覚や多様性を身につけられる

「旅行で訪れることがない国の先生と交流でき、海外留学しているような感覚を味わうことができます。」(年中の保護者様)

「ハロウィンなどの日本の学校にはない行事が盛りだくさんで、子どもが大はしゃぎで楽しそうです。」(年少の保護者様)

参照元:コエテコ https://coeteco.jp/articles/12552

プリスクールには多国籍の講師が在籍しているほか、テーマ別学習などにより、異文化や世界の状況について学ぶ機会が数多くあります。

また、イースターやサマーキャンプなど日本の学校にはない行事も盛りだくさん。

そういった“楽しい出来事”を通して、肌の色やキャラクターなどで偏見を持たない多様性が自然に身についていくのではないでしょうか。

保護者はどう感じている?

保護者
Rukママ
さん
Rukママ
完成がより豊かになっている

国籍問わずグローバルな先生方がおられ、挨拶一つにしても沢山の挨拶の仕方や言語があることを学ぶことができます。また、さまざまなイベントなどにも触れ、幼少期ならではの感性がより豊かになっていると感じています。(3歳の男の子のママ)

保護者
エナナさん
エナナさん
多様な文化に浸ることができる

英語を身近に感じながら、ハロウィンや聖パトリックデーなどのイベントを通して多様な文化に浸ることができます。(2歳女の子のママ)

取材協力
取材
協力
ステラプリスクール
ミッションは、「世界で生きる人を、育てる。」

全国で4校を展開するステラプリスクール。
『最高峰の情操教育「本気保育」を通じて、子どもたちの可能性を解き放ち、世界で生きるグローバルリーダーを育成する』というミッションを掲げ、「英語」のみならず、「体育」「音育」「食育」でも各界のプロフェッショナル監修によるプログラムを提供しています。小学生を対象としたアフタースクールも運営しています。