プリスクール.com » 保護者&現役先生が回答 プリスクールQ&A » 保育無償化はプリスクールにも関係あるの?

保育無償化はプリスクールにも関係あるの?

プリスクールイメージ
Index
目次

2019年10月から導入された保育無償化はプリスクールにも直接関係するのかについて「プリスクール.com」が解説します。

保育無償化の概要や対象、保育園・幼稚園とプリスクールにかかる費用の差などについてもご紹介しています。

結論:補助金は出ていますが、
無償ではありません

公立幼稚園、認可保育所、認定こども園を利用する際には、無償化や月額上限の措置が取られています。

一方、プリスクールも保育施設として無償化の対象ではあるのですが、認可外の保育施設であるため、全額無償化とはなりません。

プリスクールが自治体の認定を受けており、かつ保護者が就労などの条件により「保育の必要性の認定」を受けた場合は、3~5歳児を対象として月額37,000円まで補助受けることが可能です。

保育無償化とは

保育無償化、いわゆる幼児教育無償化は、消費増税を資金源として、2019年10月からスタートした制度です。

主に3~5歳児を対象としており、幼稚園、認可保育所、認定こども園などのほか、認可外保育所等も対象施設となります。

無償化の対象は?

保育施設の種類や市区町村の認定、居住している市区町村から「保育の必要性の認定」を受けているかどうかにより、制度の対象の有無や無料となる額が変わってきます。

それぞれの保育施設の無償化の状況は以下のとおりです。

幼稚園

  • 3~5歳児:一部新制度未移行の場合:月額25,700円まで無料/預かり保育の場合:「保育の必要性の認定」があれば月額11,300円まで無料

認定保育園・認定こども園・地域型保育

  • 0~2歳児:住民税非課税世帯は無料
  • 3~5歳児:無料

認可外保育所・認証保育所・ベビーシッターなど

  • 0~2歳児:住民税非課税世帯かつ「保育の必要性の認定」があれば月額42,000円まで無料
  • 3~5歳児:「保育の必要性の認定」があれば月額37,000円まで無料

無償化の手続き

子ども・子育て支援新制度の幼稚園、認可保育所、認定こども園、地域型保育

  • 手続きの必要なし。

子ども・子育て支援新制度未移行の幼稚園

幼稚園経由で各市区町村への手続きが必要。

認可外保育所・認証保育所・ベビーシッターなど認可外保育施設

市区町村に申請して「保育の必要性の認定」を受ける必要あり。

無償化の対象とならない費用

幼稚園・保育園などの利用料が無償化の対象であり、それ以外の以下のようなものについては無償化の対象とはなりません。

  • 入園料
  • 通園送迎費
  • 食材料費※世帯収入や兄弟姉妹によって減額されることもあります
  • 行事費
  • 学用品費、ほか

保育園・幼稚園との費用差

保育無償化の制度が導入される前までは、プリスクールの費用は保育園や幼稚園に係る費用の2倍程度でした。

しかし、無償化が導入されることにより、週に何回通うかにもよりますが100万円を超える費用の差が生じます

一方でプリスクールは、内閣府の制度「企業主導型保育事業」を活用することにより、負担軽減を図ることが可能です。

しかし、すべてのプリスクールが助成金をもらえるわけではなく、以下の要件などを満たし、都道府県等への届出が必要となります。

  • 一般事業主(子ども・子育て拠出金を負担している事業者)であること。
  • 平成28年4月以降に新たに保育施設を設置する場合(※平成28年3月31日以前より事業所内保育を実施している場合でも新たに定員を増やす場合や、空き定員を新たに他企業向けに活用する場合も対象)

参照元:内閣府 https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/ryouritsu/tachiage/1_01.html

プリスクールの費用は、正直安いとは言えません。通わせている保護者様は、どのように思っているのでしょうか。本音をお伺いしてみました。

保護者
Rさん
Rさん
高い料金に見合うサービス

料金が高めですが、それに見合う先生方の対応。娘にとっても親にとっても有意義な時間が持てたので、本当に感謝しています。何より子どもが楽しそうに通っていることが一番かと思います。

大事なのは費用ではなく、それに見合う教育や対応を受けられるかどうか、また子どもに合っているかどうかですね!

とはいえ、プリスクールは無償化されている他の保育施設と比較して、高額な費用がかかることは事実です。

また、お子様はこれから、小学校、中学校へ進学し、高校や大学のことも考えなければなりません。

そのため、無理してプリスクールに通わせても、後々厳しくなることもあるでしょう。

補助金や助成金の活用もできますが、家計やお子様の将来をよく考えてベストと思える選択をしてください。

取材協力
取材
協力
ステラプリスクール
ミッションは、「世界で生きる人を、育てる。」

全国で4校を展開するステラプリスクール。
『最高峰の情操教育「本気保育」を通じて、子どもたちの可能性を解き放ち、世界で生きるグローバルリーダーを育成する』というミッションを掲げ、「英語」のみならず、「体育」「音育」「食育」でも各界のプロフェッショナル監修によるプログラムを提供しています。小学生を対象としたアフタースクールも運営しています。