プリスクール.com » 保護者&現役先生が回答 プリスクールQ&A » 英語の早期教育はダブルリミテッドを生むって本当?

英語の早期教育はダブルリミテッドを生むって本当?

プリスクールイメージ
Index
目次

早期に英語教育を受けさせることによって、ダブルリミテッドに陥る可能性があるのかについて解説。
また、プリスクールに通うことで日本語や英語が中途半端になるという保護者様の不安にもお答えします。

「中途半端になること」と
「ダブルリミテッド」は
意味合いが異なる

英語教育の低年齢化が進むなかで、幼い子どもに日本語と英語を同時に与えることで混乱が生じ、どちらも中途半端になるのではないかと心配する保護者様もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、このことをダブルリミテッドととらえている方も少なくありませんが、本来のダブルリミテッドとは少し意味合いが異なります。

ダブルリミテッドの本来の意味は後で説明するとして、プリスクールにお子様を通わせようと思っている保護者様が不安に思いがちな、「本当に日本語も英語も中途半端になるのか」については、結論「しません」と先にお伝えします。

その詳細を、以下に解説します。

日本語と英語を同時に教えても問題はない

母親が日本人、父親がアメリカ人でともに自分の母国語のみで子どもに話しかけたり、絵本の読み聞かせをしたりすれば、子どもは混乱することなくレベルの高いバイリンガルに成長します。

幼い子どもであっても言語を聞き分ける能力は備わっており、自然に切り替えながら聞き、話すことができるのです。

日本で早期英語教育を実施しても、
言語発達に影響なし!

週に何回か数時間程度の英語教育を行っても、家庭で日常的に日本語を使用していれば、子どもの日本語の発達に影響が及ぶことはありません。

日本語があやしくなる可能性があるとしたら、ほぼ英語環境に置き、家庭でも日本語を話さないなど、極端な状況などです。

プリスクールでたっぷりと英語環境に浸り、家庭では日本語での会話をメインとしながらも、英語での問いかけや絵本の読み聞かせなどをすれば、バランスの良い言語能力の発達を促すことができます。

ここで、プリスクールの先生からのアドバイスや、保護者様のお話もご紹介します。

英語も日本語も中途半端にならないということがわかると思うので、ぜひ読んで安心してください。

南青山・
桃坂校
A先生
南青山・桃坂校A先生
不安定な方の言語を、
自宅で使うようにする

日本語が不安定であれば環境の中に日本語が少ない。英語が不安定であれば英語の環境が少ないはずです。ぜひ、ご自宅では不安定な方をたくさんお話ししてあげてください。

また英語をスクールでしか話さないことに不安や不満をおっしゃる保護者もいらっしゃいますが、ご家庭で子どもが自然と英語を話す環境を保護者の方々が提供していない場合がほとんどです。

大人同士のコミュニケーションでも日本語で話しかけられていて、突然英語で返すことはないのと一緒です。

まずは英語耳を作る環境に入れること、成長と共に聴解がはじまり、そして成長過程でアウトプットに切り替わる際に、アウトプットを促す。それを意識してみてください。

桃坂校
かずき先生
桃坂かずき先生
家庭でお子様との関わりの
時間を持つ

お子様の生活の中で日々日本語や英語が使われていれば、言語習得能力にほとんど問題はありません。

我々が日本語(母国語)を覚えているのは、毎日周りの誰かがその言語を使っている環境に身を置いているから習得できたものです。

家庭でもお子様との関わりがあれば、日本語が心配…となることはないので、ご安心ください。

保護者
エナナさん
エナナさん
今は不安に
思わなくなりました

正直日本語の発話が少ないことを不安に思った時期もありましたが、日本語で話しかけても基本的に理解しており、自分から話していないだけだと気づいたので、好みに合わせて言語を選んでいると思い、不安に思わなくなりました。(2歳の女の子ママ)

プリスクール.com
英語と日本語がどちらも
中途半端にならないように注意

ご説明してきたように、英語と日本語両方を同時に習得すること自体は可能。

気にすべきは、英語と日本語が両方中途半端になることです。

どちらも中途半端になってしまうと、理科・社会などを学んでいく上で、知識の習得がしにくくなっていきます。

土台になる言語がしっかり身につくよう意識しつつ、両方学んでいくように、プリスクールと保護者様がサポートしてあげましょう。

どうしても心配であれば、母国語がある程度育つ小学生くらいのタイミングで「アフタースクール」に通わせて英語を学ばせるという手もありますよ。

ダブルリミテッドの
本来の意味とは

ここからは、誤解されがちな「ダブルリミテッド」の本当の意味を解説していきます。

ダブルリミテッドとは、2つ以上の言語を話すことができるが、どの言語も年齢相応のレベルに達していないことをいいます。

セミリンガル、限定的バイリンガルともいわれ、例えば、日本語と英語のバイリンガルの子どもがどちらの言語も6歳程度の能力である場合は、ダブルリミテッドの状態です。

日本語は10歳程度、英語は6歳程度の言語能力の場合は、ダブルリミテッドとは言えません。

言語には生活言語と学習言語がある

外国語教育においては、言語のレベルを生活言語と学習言語の2つに区別しています。

生活言語は、日常的かつ具体的な比較的レベルの低い言語運用能力であり、日常生活レベルの言語力です。

一方、学習言語とは、抽象的かつ認知的要求度の高いレベルの言語運用能力であり、中等・高等教育に耐えうる言語能力を意味します。

ダブルリミテッドはどの言語も
年齢相応の学習言語か否かで判断

2つ以上のどの言語においても年齢相応の学習言語が身に付いていなければ、ダブルリミテッドの状態であると言えます。

一方、一言語だけでも年齢相応の学習言語能力を身につけていれば、問題はありません。

英語・日本語ともに日常の簡単な会話はできるが、いずれも年齢相応の学習言語が伴っていなければダブルリミテッドとなります。

ダブルリミテッドの問題点

ダブルリミテッドの問題点は言語だけでなく、思考力や理解力に影響を及ぼすことです。

ダブルリミテッドの状態では、日本語、英語、どの言語でも頭の中の辞書を使ってイメージしたり理解したりすることができません。

そのため、どの言語にも不自由を感じるストレスから、子どもの自己肯定感の低下、自信喪失につながる可能性もあります。

「プリスクール」への
不安解消にもつながる
ダブリミテッド回避対策

ダブルリミテッドを回避するための方策には、日本語や英語が中途半端になってしまうというプリスクールの不安解消にも共通するポイントがあるので、ぜひ参考にしてください。

学習言語は年齢相応に

2つ以上の言語を学ぶ場合、一つの言語(母語)は必ず子どもの年齢相応の学習言語を育成することが大切です。

小さな頃は、学習言語は生活言語と比較して身につけるのに時間がかかります。

一方、成長するにつれて、生活言語の習得には時間がかかり、学習言語は効率的に習得できるという特性があります。

母語優先を意識する

言語能力習得の土台となるのは母語であり、日本人がプリスクールに通っている場合は日本語となります。

第二言語となる英語の伸びしろを増やすためには、母語を伸ばすことが大切です。

逆に、家庭での日本語による会話や読書がおろそかになれば、語彙力、理解力、思考力が十分に発達しないことも。

国語ができれば社会や理科も理解しやすくなるように、母語の土台がしっかりしていれば英語力も伸ばすことが可能です。

日本語の封印はやめて英語力も向上させる

英語の早期教育には、「本物の英語を自然に吸収できる」「コミュニケーション能力や多様性を身につけられる」など、数多くのメリットがあります。

一方でバイリンガル教育は日本語あっての英語なので、日本語を封印することは逆効果です。

どちらかの言語が0か100かではなく、日本語も英語もバランスよく触れれば英語力の向上も期待できます。

「アフタースクール」を活用する

ダブルリミテッドの原因と問題点は、早期の英語(第二言語)学習による母国語への悪影響でした。
つまり、母国語≒生活言語をある程度マスターし、不自由を感じないレベルになる小学生程度から英語を学び始めることで回避できる可能性は高まります。

そこで、小学校が終わったあとに「アフタースクール」に通わせて英語に触れさせる、という手段もあります。

学童保育としても利用できるため、両親の仕事が忙しいご家庭でも利用できます。アフタースクールについて詳しく知りたい方は、下記ページで解説していますので是非ご確認ください。

取材協力
取材
協力
ステラプリスクール
ミッションは、「世界で生きる人を、育てる。」

全国で4校を展開するステラプリスクール。
『最高峰の情操教育「本気保育」を通じて、子どもたちの可能性を解き放ち、世界で生きるグローバルリーダーを育成する』というミッションを掲げ、「英語」のみならず、「体育」「音育」「食育」でも各界のプロフェッショナル監修によるプログラムを提供しています。小学生を対象としたアフタースクールも運営しています。