プリスクール.com » 保護者&現役先生が回答 プリスクールQ&A » プリスクールの卒業後って?

プリスクールの卒業後って?

プリスクールイメージ
Index
目次

プリスクール卒業後の進路はどうしたらよいのか、そして、せっかくプリスクールで得た英語力をキープするにはどうしたら良いのか、取材や独自調査をもとに解説していきます。

プリスクール卒業後の進路は?

プリスクール卒業後の進路は、日本で生活するか海外で生活するかによって選択肢が異なります。

海外への転居、将来海外への大学進学、就職などが明確に決まっているのであれば、インターナショナルスクールに進むことも考えられるでしょう。

一方、保護者が日本人でそのまま日本で生活するのであれば、保護者は義務教育を受けさせる義務があるため、私立・公立小学校へ進学することになります。

それでは、プリスクール卒業後、それぞれの進路でどのように英語力を維持すればいいのでしょうか。

プリスクールイメージ

インターナショナルスクール

日常生活で英語によるコミュニケーションが必須であったり、海外移住の予定があったりする場合に、インターナショナルスクールへの進学を選ぶ人もいます。

プリスクールによっては、インターナショナルスクールを併設しているところもあるため、慣れた環境で進学できることも魅力的です。

インターナショナルスクールでは、すべての授業が英語で行われるため、入学時にある程度の英語力が必須となります。

また、日本の教育課程を履修する学校ではないため、卒業後の進路にも注意する必要がありますが、英語力をさらにスキルアップするにはおすすめです。

私立小学校

日本での生活がメインであれば、国内の私立・公立小学校への進学を選ぶことがほとんどです。

私立小学校には、それぞれ方針やカリキュラムが異なるため、実用的な英語教育に力を入れている私立小学校であれば、公立小学校よりは英語力をキープできるかもしれませんが、やはり家庭内や習い事、学童などで英語で会話する時間を増やしていくことは必須といえます。

下には、主に公立小学校向けですが、英語力の維持・向上のための方法をまとめています。私立でも検討していただきたい内容なので、ぜひご覧ください。

公立小学校

意外と思われる方も多いかもしれませんが、プリスクール卒業後の進路として公立小学校を選ぶ保護者様は少なくありません。今回取材したステラプリスクールでも、先生が「公立に行くご家庭も多い」とおっしゃっていました。

「自宅から近い」「学費が安い」「親しい友人と一緒に進学できる」「将来の進路選択の幅が広い」など、理由はさまざまですが、受験の必要もなく気軽に進学しやすいのだと考えられます。

ステラプリスクールでは、アフタースクールも併設(同施設内にある場合も)していることが多く、小学校に行っても放課後は英語で会話する生活がキープできることも影響しているのだと思います。

※アフタースクールは「放課後にお子様を預かる」ことが目的である学童と違い、「学びを提供する」という目的が色濃い施設です。

一方で、公立小学校では一部の学年で英語の授業を行っているものの、十分な時間が確保されていないため、プリスクール卒業時の英語力を維持するためには、授業以外にさまざまな対策を考える必要があります。

以下でその対策をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

公立小学校で英語力の
維持・向上を図るには

公立小学校における英語学習の現状

これまでは5・6年生を対象として「外国語活動」という名目で英語の授業が行われていました。

2020年度の学習指導要領の改訂により、2020年度からは3・4年生を対象として外国語活動が、小学5・6年生は外国語活動に代わって教科としての「外国語」がスタートしています。

外国語活動は、「話す」「聞く」をメインとして、外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しむことを目的としており、1コマ45分の授業を年間35コマ実施。

一方、外国語は「話す」「聞く」「読む」「書く」の英語の4技能を鍛えることを目標に、年間70コマ、約週2回の英語の授業が行われています。

英語力を維持・向上させる方法

公立小学校では英語学習が3年生からに前倒しされたものの、1・2年生時には英語に触れる時間がなく、せっかく身につけた英語力が著しく低下するおそれがあります。

また、3年生からも約週1回~2回程度の授業では、プリスクールで身につけた英語力を維持、向上させることは困難です。

そこで、公立小学校に通いながら英語力の維持・向上を図るための方法を紹介します。

家ではオールイングリッシュ

英語力を身につけるためには、英語環境に浸れる時間をなるべく多く確保することが大切です。

家での会話はすべて英語というルールで生活すれば、費用をかけずに英語環境を維持することができます。

ただ、この取り組みにはお子様だけでなく、当然保護者様の協力も不可欠。保護者様が英語を話せれば問題ないのですが、そうでない場合は、以下にあるような他の方法もご検討ください。

英語のアフタースクールに通う

親御さんが英語を話せないという場合は、上にあげたオールイングリッシュは難しいので、英語のアフタースクールに通うのがおすすめです。プリスクールの卒業後に検討したいアフタースクールに関してはこちらのページで詳しく紹介しています。

今回取材したステラプリスクールでもアフタースクールを併設しているところがあり、ちょうど取材チームが撮影しているときに、小学校終わりの子どもたちが送迎の車でやってきたのですが、とても流暢な英語で会話していて、「これが英語を続けてきたということか」と驚きました。

学校の宿題や家庭学習サポートだけでなく、英語によるテーマ学習や多彩なアクティビティ、オプショナルレッスンにより、英語力を身につけながらそれ以外のジャンルについても学ぶことが可能です。

英語教室・英会話教室を活用する

放課後や週末の時間を利用して、英語教室や英会話教室に通うのもひとつの方法です。

英語学習以外に、英語によるクッキングやスポーツなど、イベント性が高い授業を行っているところもあります。教室の方針やカリキュラム、通う頻度などをよく吟味して、英語力をキープできる教室を選ぶことが大切。

週に1時間程度では、英語力がキープできるとは言い難く、オンラインで会話できる安価な英会話教室や、英語圏のお友だちをネットで作るなど、別の工夫が必要になります。

プリスクール卒業後に
英語力をキープするには

プリスクールでせっかく身につけた英語力もその後、英語環境が継続できなければ著しく低下してしまいます。

特に、公立小学校進学の場合は、学校の授業だけで英語力をキープすることは困難です。

学校以外の何らかの方法により、少なくとも週3回は英語環境で過ごせる時間を確保してあげるようにしましょう。

取材協力
取材
協力
ステラプリスクール
ミッションは、「世界で生きる人を、育てる。」

全国で4校を展開するステラプリスクール。
『最高峰の情操教育「本気保育」を通じて、子どもたちの可能性を解き放ち、世界で生きるグローバルリーダーを育成する』というミッションを掲げ、「英語」のみならず、「体育」「音育」「食育」でも各界のプロフェッショナル監修によるプログラムを提供しています。小学生を対象としたアフタースクールも運営しています。