プリスクール.com » プリスクールとは » プリスクールのメリット・デメリット

プリスクールのメリット・デメリット

プリスクールイメージ
Index
目次

プリスクールとは、英語環境のなかで未就学児の保育を行う施設のこと。

こちらではプリスクールの一般論としてのメリットのほか、このサイトで取材しているステラプリスクールを利用することのメリット、プリスクールの利用を躊躇してしまう原因となるデメリットについて詳しく紹介します。

プリスクールのメリット

プリスクールに通うことにどんなメリットがあるかについて、まずは世間一般に言われている内容について説明します。

本物の英語が自然に習得できる

英語で保育を行うことが基本となり、常に英語に触れることから自然に英語を身につけることができます。

英語を教え込む、いわゆる“学習”とは違い、挨拶をする・友達を遊びに誘うためなど、生活に必要な場面で英語を使うことで、日本語を習得していくかのように、自然と覚えていけることが何よりの魅力

歌や踊りを交えながら、耳から英語が入ってくるため、自然に英語が口から出てくる「英語脳」や「英語耳」を育てることができます。

初めは単語のみだった会話が徐々にセンテンスになり、3歳児では気持ちを英語で表現できるようになることも。

また、ネイティブな発音の日本人講師や外国人講師が指導するため、いわゆる日本語英語ではない、美しい発音やリズムを習得することもできます。

取材メモ
2歳クラスでも自然に英語、
5歳クラスは流暢な会話!

ステラプリスクール徳島に取材に伺った際に驚いたのは、2歳クラスでも英語で「今日は何曜日?」などのやりとりやお歌が自然に英語でやりとりされていること。

英語で話すことを先生たちが促すのではないことに驚きました。先生曰く「『英語を使わなくちゃ』ではなく、『ここでのコミュニケーションツールは英語』というのが自然に染み付いている」とのこと。

5歳クラスに至っては、ネイティブの先生たちと流暢に会話していて、ビックリ。中高で6年間、英語を勉強しても話せない大人が大半であるにも関わらず、子どもの順応性や吸収力は本当にすごい!と感じた瞬間でした。

コミュニケーション能力が高くなる

プリスクールでは、就学前の時期でありながら自己表現に関するトレーニングの機会が数多くあります。

英語圏では「私は~思う」と自己主張するのが当たり前。

プリスクールでは、英語で相手の注意を惹き付けながら自分の意見を伝えるスキルを身につけることができます。

英会話では、言葉だけでなくアイコンタクトやボディランゲージなどの非言語コミュニケーションも多用するため、全身を使ったコミュニケーションスキルを身につけることもできます。

また、「間違っていたら恥ずかしい」という概念は打ち消され、子どもなりに自由に話し合いをするディベートに近いコミュニケーションスタイルを獲得することも可能です。

国際感覚が身につく

プリスクールではカレンダーや世界地図、視聴覚教材を使用したり、外国人講師の話を聞いたりすることにより、外国や世界をより身近に感じることができます。

通い慣れてくると、自宅に貼ってある世界地図を見て、「先生のお父さんやお母さんが住んでいるところ」「大きな国立公園で野生動物がいっぱいいるところ」と話しながら指さすことも。

テレビなどから流れてくるスペイン語やフランス語などの英語以外の言葉に興味をもったり、自然に真似したりするようになることもあります。

また、国や都市の名前に敏感になったり、海外のニュースに興味を持ったりしながら、自然に国際感覚を身につけることが可能です。

異文化に触れ、多様性が育まれる

プリスクールでは、学習内容だけでなくハロウィンやクリスマスなどの行事やイベント、表現発表会などを通して異文化に触れる機会が数多くあります。

そのため、さまざまな体験を通して、食べ物や文化、習慣、イベントなどの違いを実感を伴いながら理解することが可能です。

世界各国のさまざまな文化や習慣、人種などの違いを理解することにより、見た目や英語のアクセント、変わったキャラクターであっても偏見を持たず柔軟に受け入れるようになることもプリスクールならでは。

国や人種に対する固定観念がなく、相手のキャラクターやパーソナリティーで自分に合うかどうかを判断できるようにもなります。

POINT
アイデンティティの確立ができる

本当の意味での「国際感覚」とは、“英語が話せる”ことではなく、自国のことを他国の人に話せる、自分の考えを話せることだというのは、よく言われることです。

今回取材したステラプリスクールの先生の中でも、「留学したときに、当たり前のように政治の話を友人同士でするような状況で、『日本ではどうなの?』と聞かれたときに、何も答えられない自分にショックを受けて、アイデンティティが一度崩壊した」とお話ししてくださる方がいました。

語学を習得することだけではなく、幼い頃から自分の主張を発して相手に伝えること、世界を知ること、多様性を受け入れることが少しつづ子どもたちのアイデンティティを作り上げていきます。

プリスクールでの日々は、そのアイデンティティの確立に寄与するはずでしょう。

ステラプリスクールのメリット

今回取材に協力してくださったステラプリスクールには、これまで挙げた「プリスクールにおける一般的なメリット」以外にも、こだわりの保育方針、プログラム、玩具・備品などによるメリットがあります。

30年以上の経験と保育プログラムで
生きる力を育成できる

ステラプリスクールは、30年以上にわたって子どもの可能性に寄り添い、これまでに15,000以上(※)の保育プログラムを開発しています。

子どもたちに、「本物に出会い、感動する体験を。」「豊かなこころと、ひろい視野を」提供することをモットーに、これからの時代を生き抜く力の育成を行っています。

頭の回転のよさを意味するIQだけでなく、感情を理解し利用することにより、問題解決に適切な思考や行動に導く能力であるEQと生きる力を育むことを重視。

また、“こころの知能指数”EQを育む基盤となる自己肯定感を育む保育を推進することにより、学習意欲やリーダーシップ、創造性や好奇心あふれる子どもの育成を目指しています。

(※)参照元:ステラプリスクール https://www.stellanet.com/facility/

本気でこだわりぬいた
保育プログラムを受講できる

ステラプリスクールの教育

ステラプリスクールでは、「英語・体育・音育・食育」各ジャンルのプロフェッショナルによる監修をもとに独自に開発した保育プログラムを提供することが可能です。

これらは「本気×英語」「本気×体育」など、「本気保育」と呼ばれています。

良質な英語環境でバイリンガルを養成する「本気英語」のほか、日本代表育成コーチによる基礎体力・表現力を養う「本気体育」、世界で活躍するオーケストラ指揮者による「本気音育」、二十四節季に合わせた食事で日本人の味覚や感性を鍛える「本気食育」など。

本気でこだわり抜いた多彩かつ独創性の高いプログラムを受講することができます。

専門性の高いスタッフが
可能性に寄り添い、能力を引き出す

画一的な保育を行わないこともステラプリスクールのモットーであり、保育スタッフは保育士資格だけでなく、英語や音楽、体育の専門性が高いことも強みです。

そのため、お子様一人ひとりの成長段階を見極め、寄り添いながら、可能性を引き出し、拡げていくことが可能です。

保育プログラムだけでなく、全国各園の情報流通にもとことん本気です。

日々の情報共有や連携はもちろん、これまでに蓄積された保育ナレッジをいつでも検索できるシステムを運用。

さらに、情報を駆使し超高速でPDCAを回すことにより、寄り添う保育を実現しています。

こだわりの玩具・備品で
こころの発達を促すことができる

プリスクールイメージ

ステラプリスクールで使用している知育玩具・保育備品は、保育哲学に基づき、強いこだわりを持って国内外から選び抜かれたものばかりです。

知育玩具は、子どもの遊び方の多様性に配慮しつつ、主体的に工夫して遊べるもの、遊びを通して集中力や思考力、学ぶ力を養い、こころの発達を促すものだけを選んでいます。

保育備品については、いずれも厳しい安全基準をクリアしたものであることはもちろん、自然に手先を使えるもの、行動を学べるものなど、日常生活の中でスキルを開発できるアイテムを採用。

例えば、カトラリーやプレートも食事の時間を通して、発達、自立の学びができるよう本気でこだわって選んでいます。

プリスクールのデメリット

費用が高額になる

保育園は無償化されていることもあり、プリスクールの月謝や諸費用が高額であると思われる方もいるでしょう。

入会金や登録料、月謝や施設設備費、教育関連費など、プリスクールによっては年間300万円以上かかることもあります。

しかし、良心的な費用設定かつ国からの助成金を活用できる企業主導型保育事業を展開しているプリスクールもあり、比較的割安な費用で利用できる場合も。

そもそもプリスクールは、就学前から英語環境の中で英語力やコミュニケーション能力、多様性や国際感覚などを身につけられる施設であるため、その分の費用がかかることは当然といえば当然と言えるでしょう。

当メディアでは、プリスクールの費用相場やインターナショナルスクールとの費用比較などをまとめたページもありますので、ぜひ参考にしてください。

プリスクールの学費相場まとめ

環境によっては
英語に苦手意識が芽生えることも…

とても厳しいプリスクールでは、英語を使わないと子どもが怒られたり、立たされてしまうようなところもあるようです。

英語がしっかり身につくかもしれませんが、お子様の特性によっては英語への苦手意識が植え付けられてしまうことにもなりかねませんので、注意が必要です。

プリスクールに通うことで、日本語がおろそかになるのではと心配される保護者様もいるのではないでしょうか。

ご家庭での会話が日本語中心でしたら、そういったことは起こりません。詳しくは「英語の早期教育はダブルリミテッドを生むって本当?」のページで解説しています。

取材メモ
親が英語を話せないことは
デメリットになる?

「自分は英語が話せないから、子どもをプリスクールに通わせても自分が足を引っ張るのでは?」「親が英語を話せないと、子どもを通わせても意味がない?」と心配されている保護者様もいるのではないでしょうか。

ステラプリスクールの先生に聞いてみたところ、「大切なのは、お子様と英語で話せるかではなく、どれだけお子様に寄り添えるか。お子様の興味関心や話を引き出して、上手に聞き役に回ることです」だそう。

逆に、知っているからといって先回しすぎたり、子どもの英語を訂正してばかりのほうが、子どもの学ぶ意欲を阻害してしまうこともあるのだとか。

ただ、語学は慣れと反復練習が大切なので、保護者様が全く英語を話せない場合は、最低でも週3日はプリスクールに通わないと英語力に結びつかないのも事実です。

一方、兄弟姉妹で通わせている保護者様によると、家でもお子様たちだけで英会話をする機会があり、親が何もしなくても勝手に上達することもあるそうです。

「○○だからやっても意味がない」ということではなく、家庭の環境にあった適切な選択をしていくことが大切になるので、気になる点はプリスクールの先生方に相談してみることが一番です。

取材協力
取材
協力
ステラプリスクール
ミッションは、「世界で生きる人を、育てる。」

全国で4校を展開するステラプリスクール。
『最高峰の情操教育「本気保育」を通じて、子どもたちの可能性を解き放ち、世界で生きるグローバルリーダーを育成する』というミッションを掲げ、「英語」のみならず、「体育」「音育」「食育」でも各界のプロフェッショナル監修によるプログラムを提供しています。小学生を対象としたアフタースクールも運営しています。