プリスクール.com » プリスクールとは » プリスクールと英会話教室の違い

プリスクールと英会話教室の違い

Index
目次

子どもを通わせるにあたり、プリスクールがいいのか英会話教室がいいのかと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。その場合には、それぞれの違いから考えることがおすすめです。

そこでこちらの記事では、「プリスクールと英会話教室の違い」を紹介していきます。いくつかの違いに焦点を当てて解説していきますので、プリスクールと英会話教室はどう違うのか、といった点を知りたいと考えている方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

学ぶ内容の違い

プリスクールとは、英語環境の中で未就学児の保育を行っていく施設のことを指しています。英語を主に使用する環境に身を置くため、習い事として一時的に英語のレッスンを受けるのではなく、施設内での生活で発生するコミュニケーション全てについて英語が使われるという環境になります。そのため、音楽や体操なども全て英語で行われますし、先生や友達とのコミュニケーションを取る際にも英語が使われますので、自然と英語が身についていくといった点が大きな特徴といえるでしょう。

上記に対して、英会話教室とは英語を習得するためのレッスンを行うための場所です。英会話教室の場合も、レッスンは「オールイングリッシュ」の環境となっているところもありますが、プリスクールと大きく異なるのは、「英語を学ぶ」という点が目的であるという点です。そのため、例えば週1回、1時間といったように時間決めた上で講師から英語を学ぶといった形式になります。

通う時間帯や曜日などの違い

プリスクールの保育時間については、週のうちに何時間か通うという形式ではなく、一般的な幼稚園と同じような時間帯となっているところも多くあります。ただしどれくらいの時間帯通うのか、また延長保育があるのかといった点はそれぞれのスクールによって異なります。また、「週5回」「週2回」といったように、1週間のうち何回通うかといった点もスクールで異なったり、家庭の教育方針やスケジュールなどに合わせて柔軟に選択できるところもあります。

対して英会話教室の場合には、「週1回」や「週2回」といったように何回レッスンを受けるのかといった点や、レッスンの時間帯があらかじめ決められているケースが多い点が特徴となります。そのため、例えば幼稚園や保育園が終わった後や土日などに英会話教室に通ってレッスンを受けるといった形で英語の学習を進めていくという点も、プリスクールとの大きな違いといえるでしょう。

費用の違い

プリスクールと英会話教室を比較した場合には、費用面でも大きな違いがあります。

例えばプリスクールの場合、スクールによって差があるものの年間の総額費用の相場は「110万円〜240万円程度」といわれています。こちらの費用には、授業料や入会金、教育関連費などが含まれています。

それに対して、子ども向けの英会話教室に週1回通った場合、月謝の相場としては外国人講師の場合には「8,000円〜15,000円」が相場とされています。そのため、英会話教室における年間の費用としてはおよそ「10万円〜20万円程度」と考えることができます。もちろん、週2回などレッスン回数を増やした場合にはその分費用も増えていきます。

ただし上記でご紹介している通り、プリスクールの場合には英会話教室と比較すると保育時間が圧倒的に長いことから、一概に費用面で比較を行うのは難しいともいえますが、子どもを通わせる先としてプリスクールと英会話教室のどちらを選択するか迷っている場合には、費用面に関する情報についても参考までに覚えておくと良いでしょう。

POINT
こんな人には英会話教室よりも
プリスクールの方がおすすめ
  • 英語を通じてさまざまな経験をさせたい
  • 英語はもちろんそのほかの教育にも力を入れたい

こちらの記事では「プリスクールと英会話教室の違い」としていくつかご紹介してきましたが、プリスクールは英語を用いて体育や音楽、算数や科学などさまざまな内容を学んでいく点が大きな特徴となっており、グローバルに活躍できる人材を育てるための独自カリキュラムを用意しているスクールも多くあります。 そのため、「英語はもちろんそのほかの教育にも力を入れたい」、また「英語を通じてさまざまな経験を子どもにさせたい」といった場合には、プリスクールが向いているといえるでしょう。 また、「しっかりと時間を決めて英語を学ばせたい」「まずは英語に集中してレッスンを受けさせたい」と考えている場合には英会話教室が向いているといえます。

取材協力
取材
協力
ステラプリスクール
ミッションは、「世界で生きる人を、育てる。」

全国で4校を展開するステラプリスクール。
『最高峰の情操教育「本気保育」を通じて、子どもたちの可能性を解き放ち、世界で生きるグローバルリーダーを育成する』というミッションを掲げ、「英語」のみならず、「体育」「音育」「食育」でも各界のプロフェッショナル監修によるプログラムを提供しています。小学生を対象としたアフタースクールも運営しています。