プリスクール.com » プリスクールとは » インターや幼稚園・保育園との違い

インターや幼稚園・保育園との違い

プリスクールイメージ
Index
目次

プリスクールとインターナショナルスクール、保育園、幼稚園を比較して、施設の性格や保育内容、カリキュラムや費用面などにどのような違いがあるかについて詳しく説明します。

プリスクールとインター
ナショナルスクールの違い

対象となる子どもの層や母国語が異なる

プリスクールとは、一般的に英語環境の中で子どもを預かる施設のことです。

就学前の日本人の子どもを対象としており、英語の素養が全くない状態から徐々に英語に慣れ親しみながら、英語を習得できることが特徴です。

一方、インターナショナルスクールは、一般的に英語を母国語とする子どもを受け入れる施設であり、日本に在住している外国人や帰国子女が主な対象。

年齢層も就学前から高校生までと幅広いことも特徴です。

以前は、両親が日本人であると入学できないなどの規定がありましたが、現在では日本生まれ、日本育ちでも通うことが可能です。

ちなみに、インターナショナルスクール、プリスクールともに学校教育法が定める学校や厚生労働省が許認可する保育園、文部科学省が許認可する幼稚園には含まれません。

学習カリキュラムや学習環境が異なる

プリスクールでは英語が話せない就学前の子どもを対象としているため、英語環境の中で楽しみながら、英語に慣れ親しむためのカリキュラムが構成されています。

歌や踊り、挨拶などからスタートして、徐々にレベルを上げながら英語耳や英語脳を育成。

また、英語以外のさまざまなジャンルの学習を選択できる場合もあります。

インターナショナルスクールではもともと英語が話せる子どもを対象としているため、海外の教育カリキュラムやグローバルな教育法式を採用しており、授業は基本的にすべて英語。

将来、海外での進学や就職のための知識や素養を育成するための環境が整備されています。

年間総額費用が、プリスクールよりも100万以上高い

プリスクールの年間総額費用の相場は110万円~240万円程度。

授業料のほかに、入会金や登録料、教育関連費などが必要です。

また、企業主導型保育事業を活用している場合には、割安で利用することもできます。

インターナショナルスクールの年間総額費用の相場は約320万円~であり、プリスクールと比較して100万円程度の差が。

入学に際し試験を受ける必要があり、検定料や入学金のほか、建築費や施設開発費・維持費などが必要となることがあります。

POINT
こんな人には保育園よりも
プリスクールの方がおすすめ
  • 日本文化も大事にしてほしいと思っている
  • 小学校は海外ではなく日本で通うつもり
  • 親も子どもも英語が全く話せない

海外の教育カリキュラムかつオール英語で授業が進められるインターナショナルスクールと違って、プリスクールでは、日本語を交えて授業が進められます。

また、英語を通して外国の慣習や文化を学ぶだけでなく、日本の慣習や行事、文化や習慣、しつけや礼儀、マナーやルールなどを学ぶことが可能。

そのため、「小学校は日本で通う」「将来海外に行くかどうかは子どもの可能性や選択肢次第」と現時点では思っていらっしゃる場合は、プリスクールのほうが向いていると言えます。

保護者の仕事の都合で海外赴任が決まっているのであれば、インターナショナルスクールに通うという選択肢が良いかもしれません。

インターナショナルスクールは、入学時点で十分な英語力が必要となるため、親も子どもも英語が全く話せないという状態であれば、英語に徐々に慣れ親しむことができるプリスクールの方がおすすめです。

プリスクールと保育園の違い

入園要件、許認可に違いがある

プリスクールの設置は各企業であり、子どもの年齢制限はあっても保護者の就労の有無や収入を条件とすることはありません。

一方、保育園は就労や病気などを理由として保護者の代わりに子どもを保育する施設。利用するためには、ある一定の条件をクリアしなければならず、管轄は厚生労働省となります。

プリスクールは制度上、自治体の認可を受けることがない一方、保育園には、国や地方自治体による認可を受けた保育園と認可外保育園の2つの種類があります。

また、対象となる子どもの年齢が0歳児~就学前までであることは、プリスクール、保育園ともに同じです。

保育カリキュラム内容に違いがある

保育園では基本的生活習慣や遊びを中心としたカリキュラムが組まれているのに対し、プリスクールでは英語保育により生活に密着した英語を習得するためのカリキュラムが組まれています。

長時間預けることができ、食事やおやつが提供される点ではどちらも同じです。

プリスクールでも保育園と同様に基本的な生活習慣や集団生活、運動機能やその他の学習など、英語以外の学びがありますが、その内容がより充実していることが特徴です。

独自のカリキュラムにより、スポーツや音楽、美術など、さまざまな専門的な教育を体験することができます。

費用面に違いがある

認定保育園では、自治体から施設利用のための認定を受けなければなりませんが、費用については無償化されています。

一方、プリスクールでは年間100万円〜かかる費用は収入に関わらず納めなければなりません。

費用面で大きな差はありますが、英語力やその他の専門的な知識、国際感覚や多様性などを習得するための費用と考えれば、当然の費用といえます。

ちなみに、プリスクールにかかる費用相場はこちらのページでまとめています。

POINT
こんな人には保育園よりも
プリスクールの方がおすすめ
  • より教育に力を入れたい
  • いろいろな体験をさせて将来の選択肢を拡げたい

プリスクールは英語にばかり注目が行きがちですが、世界の優良な教育を取り入れ、独自のカリキュラムやノウハウとして提供しているスクールも非常に多いのが特徴。

音楽や体育、算数や家庭科、プログラミングや小学校への準備など、さまざまなジャンルを体験、習得することができ、その専門性が高いことも強み。

そのため、英語を中心としたさまざまな体験を通して、将来の選択肢を拡げたいと考えているのであれば、保育園よりもプリスクールの方がおすすめです。

プリスクールと幼稚園の違い

対象となる年齢層と指導者が異なる

幼稚園は、学校教育法に定められた小学校就学前の教育を行う施設であり、文部科学省が管轄する学校教育施設に位置付けられています。

満3歳から利用することができ、年少・年中・年長の3年制が基本です。

一方、プリスクールは学校施設ではありませんが、0歳児からの利用が可能です。

幼稚園では、教員免許を取得し採用試験に合格した幼稚園教諭が基本的な生活習慣や学習を中心に指導。

一方、プリスクールでは、さまざまなジャンルの専門性を有する日本人講師、外国人講師がレベルの高い指導を行います。

保育内容に違いがある

幼稚園はそれぞれ教育方針や教育レベルに違いがあるものの、保育内容は学習が中心であり、読み書きや足し算・引き算などを学習させるところが少なくありません。

また、自由な教育方針の幼稚園も多く、独自に英語教育や運動教育、音楽教育に力をいれているところもあります。小学校受験を検討されているような場合は、幼稚園という選択肢をとっているご家庭も多いのではないでしょうか。

プリスクールでは、生活に密着した英語環境であり、自然に身につけられるようなカリキュラムが提供されています。

また、算数や音楽、家庭科や自然科学など、さまざまなジャンルについて高い専門性とともに身につけることが可能です。

入学金や授業料に違いがある

幼稚園も保育園と同様に無償化されています。

しかし、幼稚園では認可保育園ではかからない入園金がかかり、公立幼稚園では1~2万円、私立幼稚園では3~10万円が相場となっています。

プリスクールでは、毎月の授業料とは別に入会金や登録料、教育関連費用などが必要となることがあります。一方、国からの助成が可能な企業主導型保育事業を導入しているプリスクールでは、入会金や月謝を安く抑えることも可能で、幼稚園とプリスクールどちらが高い・安いというのは一概には言えません

POINT
こんな人には幼稚園よりも
プリスクールの方がおすすめ

幼稚園は15時頃には降園となるため、そもそも共働きの家庭には向いていませんが、ここでは預かり時間にこだわらず、おすすめのポイントについて説明します。

  • より多彩な教育を受けさせたい
  • 小学校受験を考えていない

幼稚園によっては、小学校入学の橋渡しのための学習だけでなく、英語教育やリトミックなどに力を入れているところもありますが、プリスクールのような専門性の高いプログラム内容ではありません。

また、選択制ではないのが一般的であるため、子どもの個性や特性に合った学習内容を選ぶことも困難です。

一方、プリスクールでは、ピアノレッスンやプログラミング、英語のプライベートレッスンなど、多彩なレベルの高いプログラムを提供していることが多いため、いろいろな教育を受けさせたいのであればプリスクールがおすすめです。

幼稚園の中には、私立小学校受験対策を重視した学習中心の私立幼稚園もあります。しかし、あくまで目指す小学校受験に合格するためのカリキュラムであるため、ジャンルを絞ったものになりがちです。

どちらがいい・悪いではなく、子どもをどう導きたいのかによって、幼稚園にするのかプリスクールにするのかを選択するのが良いでしょう

取材協力
取材
協力
ステラプリスクール
ミッションは、「世界で生きる人を、育てる。」

全国で4校を展開するステラプリスクール。
『最高峰の情操教育「本気保育」を通じて、子どもたちの可能性を解き放ち、世界で生きるグローバルリーダーを育成する』というミッションを掲げ、「英語」のみならず、「体育」「音育」「食育」でも各界のプロフェッショナル監修によるプログラムを提供しています。小学生を対象としたアフタースクールも運営しています。