プリスクール.com » アフタースクールとは » 長期休暇中のアフタースクールの対応は?

長期休暇中のアフタースクールの対応は?

こちらの記事では、学校が長期休暇となっている期間のアフタースクールについてご紹介していきます。通常の場合と料金や対応時間は異なるのか、またどのようなプログラムが提供されているのかなどについてまとめていますので、利用を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

長期休暇中(夏休みや冬休みなど)の利用時間

長期期間中の利用期間は例えば9:00〜19:00までのように、午前からの利用を前提としているアフタースクールが多いようです。また、長期休暇中は特別プログラムを実施するスクールも多くみられます。そのため、プログラムによって実費が発生するケースがありますので、あらかじめ確認しておくことがおすすめです。

また、通常は曜日を指定して利用している場合でも、長期休暇中は希望の日付を指定して利用できるところもあります。

さらに長期休暇中に全日利用する場合には、施設側で昼食や夕食を用意してくれるケースも。同様におやつの提供も行っているスクールもあります。

長期休暇中のアフタースクールのプログラム

長期休暇中は、1日を通してアフタースクールで過ごすことになります。

過ごし方の例としては、午前中は学校から出ている宿題に取り組んだり、外遊びなどをして過ごし、午後からは長期休暇中の特別プログラムを実施するところもあります。また、7月中は通常と同じ内容で過ごし、8月には特別プログラムを行うなどのケースも。このように、それぞれのアフタースクールによって過ごし方が異なってきますので、前もって確認しておくことがおすすめ。通常と違った過ごし方ができますので、子どもたちも通うのが楽しみになるのではないでしょうか。

スクール外に出かけてさまざまな体験を行うことも

アフタースクールによっては、外部の施設に出かけることによって、いつもとは異なる体験を提供しているケースもあります。一緒にスクールで過ごしているお友だちとさまざまな体験ができることから、興味や視野を広げられるようにサポートを行っています。

宿泊を伴う行事を実施するアフタースクールもある

中には夏休みにサマーキャンプ、冬休みにスキーキャンプなどのように、宿泊行事を行うこともあります。親元を離れて集団生活を行えるため、自立心を育てられます。また、行事の中では子ども同士で協力する場面も多々あることから、チームワークを育めます。このように、普段なかなかできない体験を提供しているケースもあります。

長期休暇中の料金

長期休暇中は特別プログラムが含まれることから、通常とは異なる料金となるケースがあります。特に、通常は曜日指定であるものの、長期休暇中は希望の日付で利用できるアフタースクールの場合には、通常と異なる料金になると考えられますので確認しておきましょう。

また、特別プログラムを実施するアフタースクールの場合には、施設外での体験活動などに伴い実費が発生するケースもあります。

夏休みや冬休みなど長期休暇中のみの利用は可能か

夏休みや冬休みなどの長期休暇中は、保護者が仕事などで家を空ける時間は子どものみで家で過ごすことになってしまいますので、不安が尽きない方も多いのではないでしょうか。

そのような家庭のサポートを行うため、長期休暇中のみ利用ができるアフタースクールもあります。ただし、対応についてはそれぞれのスクールにより異なる点に加えて、通常のアフタースクールの利用人数によっては長期休暇中のみの利用に制限が出てくるケースもあるようですので、あらかじめ確認しておくことが必要でしょう。

取材協力
取材
協力
ステラプリスクール
ミッションは、「世界で生きる人を、育てる。」

全国で4校を展開するステラプリスクール。
『最高峰の情操教育「本気保育」を通じて、子どもたちの可能性を解き放ち、世界で生きるグローバルリーダーを育成する』というミッションを掲げ、「英語」のみならず、「体育」「音育」「食育」でも各界のプロフェッショナル監修によるプログラムを提供しています。小学生を対象としたアフタースクールも運営しています。