プリスクール.com » アフタースクールとは » アフタースクールでは延長保育に対応している?

アフタースクールでは延長保育に対応している?

アフタースクールは基本的に学校が終わった後の放課後に通いますが、例えば「延長保育は可能?」「休日の利用はできる?」「夏休みなどの長期休暇中は利用できる?」という疑問を持っている方も多いでしょう。そこでこちらの記事では、「延長保育」「休日利用」「長期休暇中」に利用できるか、という3点について調査してまとめています。アフタースクールを検討する際の参考にしてみてください。

アフタースクールで延長保育は可能?

アフタースクールでは、「17時30分まで」「19時まで」のように預かり時間がそれぞれ決まっています。しかし、保護者が夜遅くまで仕事をしているなどで、遅い時間も家を開ける場合もあるでしょう。そのような場合には延長保育が利用できれば、と思うこともあるのではないでしょうか。

アフタースクールでは、延長保育に対応しているところもあります。ただし対応しているアフタースクールでも「20時まで」「22時まで」のようにそのスクールによって預かり時間が決まっているため、あらかじめ何時まで対応が可能かを確認しておく必要があります。利用可能時間については多くの場合ホームページなどに記載されていますので、すぐに確認ができます。もし明記されていない場合には直接問い合わせてみてください。

また延長保育を利用する場合には、別途料金が発生することが多くなっていますので、料金面についても確認した上で利用を検討すると良いでしょう。

アフタースクールで休日利用は可能?

子どもの学校がお休みの土曜日や日曜日、祝日などでも、保護者は仕事のケースもあるでしょう。そのような場合、アフタースクールの休日利用ができれば、と考えることもあるかもしれません。

傾向として、土日祝日は利用対象外としているアフタースクールもありますが、「土曜日は利用可能」としているアフタースクールもあります。ただし、日曜日や祝日については利用対象外としているところが多いようですので、休日利用も検討している場合には、しっかりと確認しておきたい部分といえます。

ただし、子どもの学校の開校記念日や振替休日などの場合における対応については、それぞれのアフタースクールで異なる部分となってきますので、こちらもあらかじめ確認しておくことがおすすめです。例えば、「運動会などの振替休日となる小学校が多く希望者が多いことから、その日は午前中から開校する」といった対応を行うスクールもあるようです。

アフタースクールで長期連休利用は可能?

春休みや夏休み、冬休みなど、子どもの学校が休みとなっている期間でも、通常通り保護者は仕事に行くため家を開ける時間が長い場合、子どもをアフタースクールに通わせたいと考える場合もあるのではないでしょうか。

アフタースクールによっては、春・夏・冬休みのような長期休暇期間でも預かりが可能なところもあります。具体的にどのような対応になるのかは各スクールによって異なります。一例としては、夏休みなどの長期休暇に対応している「特別プログラム」を実施することによって長期の預かりを可能にしているスクールや、長期休み期間は「午前中利用も可能」としているスクールもあります。

ただし注意しておきたいのが、通常の利用の際にお迎えお送りサービスなどを利用している場合、長期休み期間中の対応がどうなるのかという点です。サービスの利用には別途料金が発生するケースもあるようですので、実際にそのタイミングになった時に慌ててしまわないようにチェックしておくことが大切です。

以上から、長期休暇中もアフタースクールに通わせたいと考えている場合には、スクール選びの際にあらかじめ対応しているかを確認しておくことが必要といえるでしょう。

取材協力
取材
協力
ステラプリスクール
ミッションは、「世界で生きる人を、育てる。」

全国で4校を展開するステラプリスクール。
『最高峰の情操教育「本気保育」を通じて、子どもたちの可能性を解き放ち、世界で生きるグローバルリーダーを育成する』というミッションを掲げ、「英語」のみならず、「体育」「音育」「食育」でも各界のプロフェッショナル監修によるプログラムを提供しています。小学生を対象としたアフタースクールも運営しています。