プリスクール.com » アフタースクールとは » アフタースクールのメリットとデメリット

アフタースクールのメリットとデメリット

こちらの記事では、アフタースクールに通うことによって得られるメリットに加えてデメリットについてもまとめています。アフタースクールについて興味がある方や情報を集めている方はぜひ参考にしてみて下さい。

アフタースクールのメリット・デメリット

アフタースクールのメリット

英語に長時間触れられる環境で過ごせる

英語を自然に身につけていくには、英語に長時間触れられる環境で過ごす点がポイントです。例えば外国人講師がいるアフタースクールなら、長い時間ネイティブの「生きた英語」に触れられるため、英語を自然と身につけていける点が大きなメリットといえるでしょう。

また多彩なカリキュラムを用意することにより、子どもが飽きずに英語を身につけていける点もアフタースクールの魅力です。どのようなカリキュラムを用意しているかは、スクールのホームページを確認したり、見学に足を運ぶ、電話などで問い合わせを行うなどの方法で確認ができます。

さまざまな活動の中で英語が学べる

アフタースクールでは、英語を学ぶだけではなくさまざまな活動を行っていく点も特徴となっています。アフタースクールだからこそできる活動を通じて、自分が得意なことや好きなことを見つけられる点もメリットのひとつです。さらに、さまざまな活動を通じて、多彩な状況に応じた英語を身につけることもできるでしょう。

学童保育としても利用できる

アフタースクールは、放課後に通う場所であるため、学童保育の機能も持っているともいえます。アフタースクールに入校する際には保護者の就業は条件とはなりませんが、保護者が家にいない間はアフタースクールに通うということであれば、保護者も子どもも不安なく過ごせるのではないでしょうか。

週5回・週6回通えるアフタースクールもありますので、ニーズに応じて選択することがおすすめです。

スクールバスを用意しているアフタースクールもある

アフタースクールは、学童とは異なり必ずしも通っている小学校の近くにあるとは限りません。そのアフタースクールのカリキュラムや教育方針、在籍している講師などさまざまな面を考えてどこに通うかを決めていくことになるため、場合によっては家から遠いアフタースクールへの通学を希望する場合もあるでしょう。

そういった場合でも、スクールバスを用意しているアフタースクールを選ぶことができれば不安なく通学できるようになります。

アフタースクールのデメリット

英語環境にもかかわらず子どもが日本語で話していることがある

英語を身につけるためにアフタースクールに通っている場合でも、子どもたちは英語ではなく日本語で会話しているといったケースもあります。英語がわからないためにどうしても日本語で話してしまい、なかなか英語が身につかないという悪循環に陥ってしまう可能性もあります。

このような状況に陥るのを防ぐには、入学時に英語レベルのチェックを行っているアフタースクールを選択するのがおすすめです。このようなスクールであれば、一定以上の英語レベルを持っている子どもが周りにいるといった環境になるため、いつも英語がわからず日本語で話してしまう状況を防げるはずです。英語のレベルチェックを行っているかどうかは、直接問い合わせてみたりホームページなどで確認してみると良いでしょう。

英会話スクールよりも費用が高い

「英語を学ぶ」という観点で考えた場合、英会話スクールなどと比較するとアフタースクールの費用は高くなる傾向がある、といった点がデメリットとなる可能性があります。

ただ、アフタースクールの場合は毎日通うケースもありますし、独自のカリキュラムを用意しているといったように英会話スクールとはさまざまな違いがありますので、単純に費用のみで比較することは難しいでしょう。そのため費用については、検討材料の1つとして、参考にするのがおすすめです。

取材協力
取材
協力
ステラプリスクール
ミッションは、「世界で生きる人を、育てる。」

全国で4校を展開するステラプリスクール。
『最高峰の情操教育「本気保育」を通じて、子どもたちの可能性を解き放ち、世界で生きるグローバルリーダーを育成する』というミッションを掲げ、「英語」のみならず、「体育」「音育」「食育」でも各界のプロフェッショナル監修によるプログラムを提供しています。小学生を対象としたアフタースクールも運営しています。